フコキサンチンの効果や多く含まれる食材、副作用など

konbu

フコキサンチンという言葉をあまり耳にすることは少ないと思われますが、アルコールに溶ける性質を持つカロテン類とは異なりアスタキサンチンやルテインのようにアルコールに溶けない性質を持つキサントフィル類にされるカロテノイドの一種です。

カロテノイドとは、褐藻類などの色素のことを指します。

フコキサンチンには、様々な効果や効能があり健康維持に効果が期待できるとされていますが、どんな効果があるのかご存知でしょうか。

そこで、フコキサンチンにおける効果やどのような食材に含まれるのか、また副作用などについて考えてみましょう。

フコキサンチンの効果とは?

まず、大きな効果として強い抗酸化作用を持っていることです。

私たち人間の体は呼吸することで空気中から酸素を取り込み、細胞がそれを利用して代謝したりエネルギーを作り出す働きをしていますが、その際に産生されるのが活性酸素と呼ばれるものです。

活性酸素は強い酸化力を持ち、少量であれば体内で綿木細胞の一部となったり強い殺菌作用があることから細菌などの侵入を排除する作用があり、必要な物質であるのですが体内で増えすぎてしまうことによって毒性を持つとされています。

活性酸素が体内で増えてしまうと、正常な細胞を酸化させてしまい細胞の修復が遅れたり細胞を錆びつかせてしまうことから病気の原因になるともされています。
人間がかかる病気のうちの10%はウィルスや最近の感染症であるのに対し、その他の病気の原因は活性酸素が原因であるとも言われており、紫外線や大気汚染、喫煙や過剰なストレスなによって増えやすいため常に活性酸素によるダメージを受けやすいとされているのです。

フコキサンチンには、その活性酸素を体内から除去する抗酸化作用があるために活性酸素が原因で起こるとされる脳卒中や心筋梗塞などの血管系の病気の予防にも効果的だとされています。

加えて、最近ではがんの予防や治療に効果が期待できると言うことでがん治療に有効であるかの研究が進められています。
どんな作用があるのかというと、がん細胞に対して自滅するように命令を下すことでがん細胞を減少させていくことから有効な治療薬になるのではないかということで日々研究がすすめられているようです。

活性酸素を除去する効果があるということは、シミやくすみなど肌の老化の進行を防ぐ効果もあることからアンチエイジング効果も期待できると言えるでしょう。
また、取り過ぎてしまった脂肪をどんどん蓄えていく白色脂肪細胞を減少させる効果があるとされています。

体重がそれほどないのに手足が太いという人は体内にこの白色脂肪細胞が多い可能性が高いと言えます。

もう一つの脂肪細胞である褐色脂肪細胞がエネルギーを作り出すミトコンドリアを持っているためにエネルギー補給などの役割をしているのに対し、白色脂肪細胞は脂肪を溜め込んでしまう作用がありますが、フコキサンチンを摂取するとUCP1という成分が発現することで本来の白色脂肪細胞の溜め込む働きではなくエネルギーに変換していく働きに変えていくことから、脂肪燃焼に効果があるとされています。
生活習慣病の一種であるメタボリックシンドロームの予防効果もあるとされている他にも、摂取することでDHA上昇効果も期待できるとされています。

その他には、血糖値を減少させて糖の代謝を促進する働きもあるとされており、血糖値を上昇させてしまうアディポサイトカインを抑制する作用があることから糖尿病の発症リスクを軽減する効果も期待できるとされているのです。
つまり、健康的な生活を送るうえでフコキサンチンは非常に役立つ成分と言えますね。

では、フコキサンチンはどのような食材に多く含まれているのか気になるところです。

フコキサンチンを多く含む食材は?

昆布やわかめ、ひじきやもずくなど褐藻類や牡蠣やホヤなどの貝類にも含まれていますが、含有量は非常に微量であるためたくさん食べればそれだけ摂取できると言うわけではありません。

ただ、含まれている食材はどれも低カロリーで食物繊維やミネラルなどの栄養素が豊富なことからダイエットにも非常に効果的と言えるでしょう。

効率よく摂取したいのであればサプリメントで摂取するのが良いと言えます。

では、摂取することでの副作用はあるのでしょうか。

フコキサンチンの副作用

基本的に天然由来の成分であるために副作用はあまり考えなくて良いとされていますが、アレルギー体質の人や場合によって体に合わない場合にはかゆみや発疹が出る可能性もありますのでその場合には摂取をしないようにするのが良いでしょう。

他の食べ物や成分にも言えることですが、どんなに良いものでも過剰摂取をすることで健康被害が起こることもありますので、早く効果を実感したいからと言って過剰に摂取するのは良くないと言えます。

このように、私たちの体に様々な効果を与えてくれる成分でもあるため、老化を食い止めたい人や肥満を改善したい人、生活習慣病の予防をしたい人などは積極的に摂取していくのが望ましいと言えるでしょう。

 

ページ上部へ戻る